一日一回は工具を握ろう!

クルマ・バイク大好きオヤジの健忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジャイロUP・セル始動不良の修理

今週は入れ歯に向けてダメな歯を毎日のように抜歯したので少々お疲れ
金曜に下の歯の型取りし、来週から入れていくんだと
今、歯が無い状態でまともに食べられず、だらしない顔がより酷くい

そんな中、日曜に作業が途中で時間切れになったセル始動不良のジャイロUPを今日は弄る

このジャイロは去年7月にキック不良に
キック始動で力を入れ過ぎた為か、ケースカバーのスタータドリブンギヤの受け部分が変形し、ガタガタのドリブンギヤがドライブフェースに引っかかり始動できない

本当ならケース交換だろうが、キックスタータ系統の部品を撤去し、セル始動オンリーでお茶を濁す
そのまま暫らくは順調だったが、突然セルが回らなくなり完全にアウト

セルを交換するのも凄く面倒な車両で、ほったらかし状態
その後セル交換したが初期駆動するがまともに回らず
気になっていたドライブ系統も交換したかったので、またまた放置

やっと日曜にベルト・クラッチ等を交換しながらセルの確認
セル単体では気持ちよく回るが、組み付けると2・3秒ほど回った後に重くなる
もしかしたら、スタータピニオンギヤの磨耗が原因かも・・・部品発注
木曜に部品が着たので今日交換(右側:新部品)
DSCF1908.jpg
しかし、スタータピニオンギヤが原因ではなく、交換後も症状変わらずお手上げ状態
取り合えず、負荷を減らしてみようとプラグを外し、セルスイッチON
プラグホールから勢いよくオイルが飛び散りながらセルも回る
DSCF1910.jpg
どうやら、故障の原因は元々セルモーターだが、放置している間にオイルが燃焼室に入りロック状態
古い車両なので、多分オイルポンプのシールパッキンが劣化していると思われる(未確認)
しばらくセル回してオイルを排出し、プラグ交換してエンジンを掛ける
最初は凄く白い煙ガ出るが、近所を一回りすれば無くなり修理完了(シール交換して無いけど)

故障車をを放置すると原因が複雑になる。
やるなら「今でしょう!」
スポンサーサイト
  1. 2013/04/13(土) 19:39:02|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バイクのシート張替え | ホーム | バイクの張替え用シート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wagamamaoyajino.blog.fc2.com/tb.php/74-34b7a53b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

テッコ

Author:テッコ
愛犬のチョー太郎はオヤジ以上に
わがままですよ!

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
DIY (15)
クルマ (32)
バイク (58)
パソコン (13)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。